どのような、ノベルティがいいか考えてみる。

もうすぐ幼稚園に通う子どもがいます。その子は末っ子です。その幼稚園には長男が入園から考えるとおよそ10年近くお世話になるコトなるのです。その長男も昨年、幼稚園を卒園し、現在次男が通っています。二人ともとても楽しく通えていました。特に長男は毎年毎年学年が変わる度に大きく成長をしているコトを実感できました。どちらかというとひとりで遊ぶタイプでしたが、卒園する頃には、多くの友だちができたのです。なにか幼稚園へ奉仕できたらと思っています。一番良い方法はやはり幼稚園の後援会の役員になり幼稚園のお手伝いをするのが一番だといえるのではないでしょうか。どの学年の時にするかで大きく変わってくるそうです。大概の場合、年長組から会長など役職を担う人が選出されるそうです。そして下の学年の役員はその人たちの音頭に従ういうコトになるのです。下の学年の時はする方が楽だそうです。でも色々決定権がある年長組の時のも非常にやり甲斐ありいいそうです。やはり色々なコトを決められるのは、楽しそうです。なぜなら、独自の特色が出せる運動会や卒園式のノベルティを選んだりするのは楽しそうとおもうからです。ちょっとしてみたいなと思っています。いつするのかとても悩んでしまいます。

集客をあげるためのノベルティでも経費削減

お店や企業などでお客様に対してプレゼントすることで自分のお店や企業を宣伝することに用いるのがノベルティで、定期的に行うことでそのときの集客アップを計ることができるのです。ですが問題となることもありそれは多くの経費を使うことになりますので、なるべく経費は抑えながらお客様に喜んでもらえる記念品を作るというのが大事になるのです。記念品というのは普通配る個数を事前に決めておくのですが、一番少なくても100個くらいは用意する必要性があるといえるでしょう。特にお店であれば記念品が配られる期間というのはいつもの倍以上は集客が見込まれるので、なるべく多めに用意しておかないとお客様の不満になってしまう可能性もでてきます。用意する記念品の数が多いということはそれだけ経費はかかるわけですので、いかに安く作ってくれる記念品ショップを探せるかということにかかってくるでしょう。インターネットではたくさんの記念品を作成するもしくわ扱っているお店がありますので、その中から安く作ってもらえるところを選んで注文することで経費削減をすることができるはずです。ただ気をつけなくてはいけないのが安いからといって、記念品の質も落とすことのないようにしなくてはなりません。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*